Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us

ヒアルロン酸に関するQ&A

「ヒアルロン酸」という言葉は知っていても、その構造や働きはあまり知られていません。ここではヒアルロン酸がどんな物質で、どのような働きをしているのかをQ&A方式でまとめてみました!

ヒアルロン酸ってどんな形?

純粋なヒアルロン酸は真っ白い綿状で、水を加えると透明のジェルになります。手に伸ばすとツルツルになりますが、決してべとつきません。

ヒアルロン酸はアミノ酸とウロン酸が交互に規則正しく整列していて、生体内ではマリ状の糸くずのように巻いてあります。長さや大きさはさまざまで、長いものではこの組み合わせが約2万個もつながったものになります。

ヒアルロン酸はどこにある?

人間のからだで特に多く含まれているのは関節と皮膚、目などです。不思議なことに食用ヒアルロン酸を摂取して、効果が発揮されるのもヒアルロン酸を多く含む部位とされています。

ヒアルロン酸って食べ物にも含まれているの?

ヒアルロン酸は鶏のトサカやフカヒレ、サメの軟骨、魚の目玉など、フランなかなか食べられないような食材に多く含まれています。また、熱に弱いという性質もあることから、食事で摂取するのは極めて困難です。

無理なく継続的にヒアルロン酸を摂取するなら、低分子化して吸収しやすくしたサプリメントを活用するといいでしょう。

ヒアルロン酸はなんで不足するの?

ヒアルロン酸は食生活からの摂取が難しいうえ、その代謝の早さも不足しがちな原因とされています。コラーゲンの半減期が約半年(6ヶ月)なのに対して、ヒアルロン酸はわずか2週間です。

ヒアルロン酸が不足するとどうなるの?

ヒアルロン酸が不足すると肌のハリがなくなり、皮膚の表面が乾燥してシワやシミなどの原因となります。眼ではドライアイや眼精疲労、視力低下がおき、関節では関節炎が起きやすくなります。

また、血管では弾性がなくなって動脈硬化が進行し、心臓でも弾性がなくなることで血液を押し出すポンプ力が衰え、血流が悪くなるなどの影響が出るでしょう。

ヒアルロン酸は安全?

ヒアルロン酸はもともと体内にある物質のため、アレルギー反応を起こすことは極めて稀です。化粧品やサプリメントに関しては、まず問題ないといえるでしょう。しかし、美容整形におけるヒアルロン酸注入では、ごくまれに副作用が生じることも。

ページの先頭へ戻る