ヒアルロン酸の高い「保水性」と「安全性」が注目され、近年では美容整形に用いられるヒアルロン酸注射をはじめ、化粧品や医薬品、健康食品、サプリメントなどで世間の話題を呼んでいます。

当サイトでは、そんな「ヒアルロン酸」にスポットを当ててみました。正しい知識を習得し、美容や健康、そして医療に役立てていきましょう!


ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の高い「保水性」と「安全性」が注目され、近年では美容整形に用いられるヒアルロン酸注射をはじめ、化粧品や医薬品、健康食品、サプリメントなどで世間の話題を呼んでいます。当サイトでは、そんな「ヒアルロン酸」にスポットを当ててみました。ヒアルロン酸の正しい知識を習得し、美容や健康、そして医療に役立てていきましょう!

プチ整形

アンチエイジングのために、プチ整形で顔にヒアルロン酸注射を打つ人も少なくありません。シワなどの顔の凹みが気になる場所にヒアルロン酸を打ち、目立たなくさせる美容整形の一つです。顔にメスを入れることもありませんので、誰にも気づかれずに行うことが出来ます。

どんな場所に有効?

目の下、法令線、俗に言うゴルゴ線などに

痛い?

注射針を刺すとき、ヒアルロン酸が注入される際、多少痛みます

効果は?

半年〜1年と言われています

ヒアルロン酸は不老長寿の薬?

不老長寿の薬?

現在、わが国の平均寿命は女性が80歳を超え、男性も70歳代後半にまで延びています。
昔は60歳を越えると腰が曲がりはじめ、顔には深いシワが刻まれ、いかにも「おじいさん」「おばあさん」という感じでした。しかし、最近では60歳を超えても背筋がしゃんと伸び、足腰も強く、肌ツヤのいい人が多くみられます。なぜ、これほどまでに老い方や寿命に変化が起こったのでしょう? その理由はさまざまですが、やはり食生活の影響が大きいといえます。
日本ではここ30年ほどの間に動物性食品の摂取量が大幅に増え、そこに含まれているのが当サイトで採り上げている「ヒアルロン酸」です。ヒアルロン酸の働き(細胞の活性化など)を考えると、食生活を通じてヒアルロン酸そのものやその素材の取り込みがよくなったことが現代人の長寿や若さの原動力になっていると予想されます。
とはいっても、動物性食品の中でヒアルロン酸が多く含まれるのは肉ではなく、皮や骨、関節といった部分。また、体内のヒアルロン酸が極めて失われやすいことを考えると、食事だけでそれを補うのは極めて困難なのです。
しかし、別な方法(サプリメントなど)でもっと積極的にヒアルロン酸そのものを補給すれば、いつまでも若々しいからだを保ちながら、より一層美しく、健康で長生きできる可能性があります。
実際に行われた臨床試験では、ヒアルロン酸を続けて投与することで肌や関節など全身のあらゆる組織がみるみる若返るといった例が報告されています。人間は、古くから「不老長寿の薬」を捜し求めてきました。それに最も近い存在こそが、この「ヒアルロン酸」なのかも知れません。

ページの先頭へ戻る